フエニックス・コンタクト「機械安全-制御システムの安全セミナー」東京(11/9)と大阪(11/12)で開催

フエニックス・コンタクト(横浜市港北区新横浜1―7―9、GEL045―471―0059、青木良行社長)は、「機械安全―制御システムの安全ISO13849―1:2008(2006)セミナー」を東京と大阪で開催する。 機械安全分野で重要な欧州規格のひとつである、EN954―1(ISO13849―1:1999)が、国際規格ISO13849―1:2008(2006)へ、11年12月末に完全に移行する。これにより、機械の制御システムの安全性レベルは、従来(EN954―1)のカテゴリの概念を残しつつ、安全制御システムで使われる機器の信頼性「MTTFd」、安全制御システムの診断率「DCavg」、安全制御システムの共通原因故障「CCF」が追加され、新たにパフォーマンスレベル「PL」で表すようになる。 セミナーでは、このパフォーマンスレベル「PL」について、これらの追加された要素の意味や役割、その考え方から計算例までを説明する。 また、同社ドイツ本社からはセーフティのスペシャリストが、欧州の現状などを紹介する。 参加費は無料。定員50人。時間は両会場とも午後1時~5時。日程と会場は次の通り。 【東京会場】11月9日=新宿住友ビル47階スカイルーム8(東京都新宿区西新宿2―6) 【大阪会場】11月12日=梅田スカイビルタワーウエスト36階スペース36R(大阪市北区大淀中1―1) 参加申し込みは、同社マーケティング部(FAX045―471―0031)まで。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG