同期モータと専用インバータ組合せ富士電機システムズ世界最高水準の高効率運転を実現同期ドライブシステム発売

富士電機システムズ(白倉三徳社長)は、モータの回転子(ロータ)に永久磁石を内蔵した新型同期モータと同期モータ駆動専用インバータを組み合わせた次世代同期ドライブシステムの販売を開始した。

販売を開始したのは、標準形センサレス及びセンサ付き同期モータ「GNB/GNFシリーズ」(出力5・5~315/300kW)と高効率形センサレス同期モータ「GNSシリーズ」(出力11~200kW)の3タイプ106機種と、同期モータ駆動専用インバータ「GXシリーズ」33機種。標準価格は標準型センサレス同期モータが24万2000円(15kW)から、専用インバータが47万3200円(同)から。2010年度5000セット、11年度3万セット、12年度5万セットの販売を計画。

新製品の同期モータは、GNB/GNFシリーズがIE3(プレミアム効率)を、GNSシリーズがIE4(スーパープレミアム効率)を満足と、モータの国際規格IEC60034―30規定の効率クラス値を満足と世界最高水準を実現。また、インダクションモータに対し、GNB/GNFシリーズは、同社従来品比体積で平均35%、質量で平均40%小型・軽量になっている。さらに、GNSシリーズは、従来品のインダクションモータと同枠設計のため、既設のインダクションモータとのスムーズな置き換えが可能。

地球温暖化防止へ消費エネルギーを削減する活動が広がっているが、ファンやポンプ、産業機械や工場設備に使われるモータの高効率規制の実施が世界各国で加速しており、より高効率運転が可能なモータと制御用インバータを組み合わせたドライブシステムが求められている。次世代同期ドライブシステムはこうしたニーズに豊富な機種で応えたもの。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る