配電制御主要各社の重点製品 三菱電機汎用シーケンサー「MELSEC-Lシリーズ」基本機能をCPUに標準装備

三菱電機は、配電制御用途に対応して豊富な盤用制御機器をそろえている。中でもシーケンサーでは、トップメーカーとして着々と実績を伸ばしており、このほどマイクロシーケンサ「MELSEC―Fシリーズ」が、累計販売台数1000万台を突破する快挙を達成している。

一方、新製品のシーケンサー「MELSEC―Lシリーズ」は、CPUユニットにスイッチやセンサなどを接続するための入出力、位置決め、カウンタ、ロギング、ネットワーク(USB、Ethernet、CC―Link)などシーケンサシステムで必要とされる基本機能を標準装備することで、CPUユニットと電源ユニットだけの最小単位でシステム構築ができる。

しかも、ベースレス構造を採用しており、ユニット拡張時には必要なユニットを必要な分だけ接続するだけで済むため、制御盤内の省スペース化と自由度の高い設計が可能となっている。

CPUユニットの高機能タイプは、基本演算処理能力が9・5ns、プログラム容量260kステップとQシリーズと同等の高速・大容量を持ち、高コストパフォーマンスで小型の制御システムを構築できる。
(http://www.MitsubishiElectric.co.jp/melfansw
eb)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG