Check !!

分岐点

茨城空港から上海まで片道4000円、羽田空港からマレーシアまで片道5000円。誰もが気軽に他国を見聞できる時代が来た。「外から日本を眺めなさい」と先輩から言われたが、その国の文化、生活、歴史を知り、日本と比較検討して今後の糧にする意味合いである。▼現在は、その目的意識が薄れている気がする。単に、飛行機に乗って他国の地を踏んだだけで、日本にいてもまとめられる稚拙な内容の海外出張レポートに出会い、愕然とすることがある。ただ海外に行った証を得たい欲求なのだろう、本来は感じてはいけない優越感や劣等感さえ持ち帰れない。▼1960年代、制御機器業界は必死の思いで欧米から最新技術情報を入手し、工夫を重ねてきた。1ドル360円の時代に、持ち出す金額も制限されながらの出張である。「手持ち金がなくなり、日系商社を介し送金してもらい、米国から欧州へと足を延ばして会社の進路を決める」(国際電業創業者・野原仙太郎さん)など、当時の経営者は強い目的意識で未知の国に出向いた。▼9月22日付け本紙連載「混沌時代の販売情報力」で黒川先生は「興味を持ち、拘わることが情報を取る秘訣である。情報を取れないのは、本心から知ろうとしていない」と意欲の不足を戒める。アジアの市場性、商習慣、欧米の経営や先進技術など得たい情報は山ほどある。格安航空はその機会を提供してくれる。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG