三菱電機 きめ細かなエネルギー管理実現シーケンサ用電力計測ユニット発売

三菱電機は、生産設備の使用電力をきめ細かく計測して効率的なエネルギー管理を実現する計測機器として、同社の汎用シーケンサ「MELSEC―Qシリーズ」のベースユニットに装着できる「電力計測ユニット」(QE81WH)=写真=を1日から発売した。標準価格は7万円で、2010年度2000台、11年度6000台、12年度1万台の販売を計画している。

新製品は、シーケンサのベースユニットに装着できることから、シーケンサとの通信線や通信ユニットが不要となり省配線・省工数で、通信プログラムの作成作業もなしで、システム構築がスムーズに行える。

ユニットの外形サイズも27・4×98・0×90・0ミリと小型で、従来別置きだった電力計測機器の設置スペースが不要になる。

また、単相2線から3相3線まで、生産設備ごとのきめ細かな原単位管理をサポートした使用電力計測で、省エネや生産性向上に繋がる。しかも高速通信利用により、250msと従来よりも短い周期でのデータ収集が可能。

近年の製造業では、品質向上や稼働率・歩留まりの向上については各種生産情報を「見える化」しているが、消費エネルギーについては工場や生産ライン全体が把握できている程度で、生産設備や装置ごとの把握には至っていないのが現状と言われる。

同社では、このエネルギー情報を取得し、「見える化」を支援する機器として、「電力計測ユニット」を開発した。

また、従来から提案している生産情報の見える化を推進する「e―F@ctory」と、省エネを支援する「エコファクトリー」を融合させた省エネ推進の新コンセプトとして「e&eco―F@ctory」を掲げ取り組みを強める。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG