Check !!

配線接続機器 主要各社の重点製品 束線径範囲の調整が容易 「ハンディクランプ」ケイテック

ケイテックは、配線資材・ケーブルアクセサリーの総合商社で、自社ブランドの簡易配線留具などもシリーズ化している。

同社は現在、コア的商品の開発を行っており、環境面と顧客ニーズを考え併せた、各種のケーブルアクセサリーを好評発売中である。

「HANDY
CLAMP(ハンディクランプ)」は、制御盤・自動販売機などの内部配線や、AV機器・パソコン関連の繁雑な接続ケーブルを束線、固定用などの多用途で使用できる。

束線径の適合範囲が広い結束バンドの採用によって調整が容易である、などの特徴を持っている。

締め付けの純正補助具としてプラー(別売品)の使用が可能。

取り付けは接着テープ方式だが、ビス締めによる取り付けも可能である。

材質は、UL94V―2合格のナイロン(クリーム系色)。直径(約)は、「KHC―100」がφ5~15ミリ、「KHC―65」がφ5~25ミリ。

なお、特注品として、耐熱・耐候グレードにも対応する。
(http://www.keitec‐jp.com)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG