竹中システム機器 ギガビットイーサネット準拠フルフレームシャッタカメラ2機種発売

2010年6月23日

各種工業用ビデオカメラの竹中システム機器(京都市山科区大塚野溝町86―66、〓075―593―9300、瀬戸康雄社長)は、新しい産業用カメラ伝送方式の統一規格「GigEVision規格」に対応し、1100万画素、5フレーム/秒を実現したフルフレームシャッタカメラ2機種(白黒カメラ「FC11000GE」、カラーカメラ「FS11000GE」)を発売した。標準価格123万円(レンズ別)。年間販売目標は500台。 新製品は、撮像素子に対角43ミリのCCD撮像素子を採用。1100万画素高解像度で、全画素を5フレーム/秒で読み出す。ビデオ出力は「Gigabit Ethernet(ギガビットイーサネット)」…