Check !!

操作用スイッチ主要各社の重点製品 日本開閉器工業 多機能押ボタンスイッチ&表示モジュール「有機ELディスプレイカラーIS」 寿命を2倍の3万時間に改良

日本開閉器工業は、操作用スイッチの総合メーカーとして、グローバルナンバーワンを目指した取り組みを強めている。

業界に先駆けて操作用スイッチに有機ELを採用した多機能押ボタンスイッチ&表示モジュール「有機ELディスプレイ
カラーIS」は、ハイカラー(16ビットカラー:6万5536色)により、リアリティのある美しい映像表示が、コンパクトな画面に再現できる。

しかも、高鮮明・高解像度・高コントラストな画面は、わずかな色の違いやニュアンスも繊細かつメリハリを持たせて再現でき、視野角も180度とあらゆる角度から確認できる。

5月1日からはカラーLEDの寿命を従来の2倍の3万時間にリニューアルし、業界でトップクラスとなり、一層採用しやすくなる。

放送・映像・音響機器や医療機器などは幅広い分野で使用できる。

ISシリーズには、「高解像度タイプ」と「高解像度コンパクトタイプ」などのほか、「有機ELディスプレイ
ロッカIS」も好評を得ている。

ロッカスイッチ表示部に有機ELを採用することで、「選択」と「決定」の機能をひとつのスイッチで行えるようにした完結型・新発想スイッチとなっている。0・92インチの大型表示で、細かな文字も確実に認識できる。
(http://www.nikkai.co.j
p)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG