シュマルツ 無駄なエア消費を大幅削減エジェクタユニットを発売

真空搬送機器専門メーカーのシュマルツ(横浜市都筑区池辺町3595、tel045―308―9940、ゲッテゲンス・アーネ社長)は、制御バルブや真空スイッチを一体化したエジェクタユニットの新製品として「SCPiシリーズ」を発売した。

新製品は、エアセービング機能を備えた省エネモデルで、ワークのハンドリングに必要な真空圧が維持されている間エアの供給を自動的に止めるため、従来無駄に消費していたエアを大幅に削減することが可能になる。80%以上のエアの使用量を削減できたという事例もあるという。

また、真空回路を工夫することでフィルターレスを実現しており、従来現場で大きな手間となっていたフィルター交換も不要。さらに、フィールドバス(IOリンク)に対応しており、パラメーターの設定やステータスの確認を外部から行うことが可能で、モニタリングした運転状況をいつでもチェックでき、予防保全に役立てることができる。

そのほか、エジェクタ本体の能力は従来製品と比べて、吸込量を15~20%アップし、エア消費量は5%抑えるなど向上。電源が切れた時にバルブの位置を保持するIMPタイプも用意し、緊急停止時にもワークを保持し続けられる。システム立ち上げ時に無駄なエアを消費することがない、吸着ON/OFF、及びバルブ切り替えの回数測定・診断を行い、ランプで表示するなどの特徴を持つ。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG