PLC主要各社の重点製品 東京電気技術工業 小型ボードPLC「MT-30E」 イーサネット通信に対応

電気・電子・コンピュータ応用自動制御総合メーカーの東京電気技術工業は、特定用途向けASIC開発、アナログ・デジタルボード受託開発のほか、オリジナル品PLCボードMTシリーズ、ラダー変換ソフト「LtC
Soft」を製造販売。コストダウンを目指す機械や設備メーカー、セットメーカー、鉄道、上下水道など社会資本整備関連など幅広い分野で好評である。また、遠隔監視システムの受注開発にも注力している。

PLCボードMTシリーズのうち、MT―30Eは外形145×90ミリの小型ワンボードながらI/O各32点を標準装備。

イーサネット通信は固定バッファに対応し、ラダープログラムで通信制御ができる。

同社製ラダー変換ソフトLtC
Softとツールを使用することで、便利で経済性も高まる。

その利点は(1)他社製ツールで作成したラダープログラムを動作させられる(2)既存のラダープログラムの使用ができ簡単に市販PLCをMT―30Eに置き換えてコストダウン、省スペース化、ブラックボックス化が可能(3)シリアル通信は三菱専用プロトコル形式4と5に対応するほか、ラダープログラムで制御する無手順プロトコルに対応―などがある。
(http://www.tdg‐net.co.jp/)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG