SUNX 装置への組み込み可能ファンタイプイオナイザ発売

【名古屋】SUNXは、装置内への組み込みを可能にするコンパクト形状の小型ファンタイプイオナイザ「ER―Qシリーズ」を発売した。

圧縮エア利用タイプのメリットである「形状の小型化」「局所への除電」と、ファンタイプのメリットである「風量調整の簡易さ」「扱いやすさ」を併せ持った、新しいファンタイプイオナイザ。

装置内へ組み込む場合、コンパクトな形状を生かして限られたスペースに設置することができ、エア配管の必要もないので、静電気によるラインのチョコ停防止などにも素早く対処できる。

サイズは33×60×68ミリ、重量約110グラムの小型軽量で、セル生産の作業机上などにも邪魔にならずに設置できるので、別売りのACアダプタと組み合わせれば、すぐに静電気対策が可能。独自の高周波AC方式と小型シロッコファンの採用により、低風量でもイオンバランスに優れた高い除電性能を実現。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG