Check !!

Fa関連機器商社 今年の見通しと取り組み コーディネート販売を強化

2010年は急速な景気上昇とはいかないものの確実に上昇すると思う。但し、すべての業種が良くなるとは思えず、同業種であっても企業間の格差はますます大きくなるだろう。大きく変化する市場にスピーディに対応出来なければ取り残される事になり、この対応が大切となってくる。

09年の景気は年初より、食品、薬品、農機具を除き急速に下降し、顧客の企業も休業等の雇用調整を強いられたが、8月頃からやや回復の兆しが見受けられ、業種によってはピーク近くまで戻した所もあった。

設備投資関連では国内向けは大きな動きは少なかったが、海外向けの引き合いは増えており、特に韓国、中国向けが多い。ただ、価格、納期面で要求が厳しく苦労が見られる。

当社の業績も昨年8月頃からLED関連装置等の立ち上りに加え、自動車関連も操業率の向上で一時の設備投資全面凍結状態から、必要な設備は徐々に再開するようになって、年末にかけて回復してきている。

今年は半導体、半導体製造装置、電子部品、省エネ関連監視装置・測定機器、コネクター、電池関連などに期待しており、工作機、印刷機関連は円高、金融不安が影響しもう少し回復には時間がかかりそうだ。配電盤、通信インフラは大きな落ち込みは無いと思うが、公共投資が進めば期待できる。製品では半導体製造装置関連でサーボモーター、タッチパネル、PLC、センサー、小型モーターなどの他、ユーザーのローコスト設備・短納期に対応し、簡易な電動スライダー、画像機器等の販売を強化したい。

また、単品の部品販売から得意先をパートナーとしてユーザーからの要求に応じ当社でコーディネートしてユニット化した販売を増やしていく。

東北の製造業の多くが国外や国内の他居域へシフトしてマーケットサイズが小さくなる中で、東北で事業をしているお得意様のお役に立ち、当社の価値を認めて頂けるよう今年も社員共々がんばっていく方針である。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG