新分野に挑むFA・制御機器商社 顧客現場視点で市場開拓 関東地区

2010年1月27日

関東地区のFA・制御機器市場は、1年前の手の打ちようがないほどの状態から脱しており、受注も前年同月を超える水準まで回復してきた。まだ、受注先行で売り上げは一部に品不足の製品もあることなどから、通期としては前年度比70~80%ぐらいのところが多い。したがって、2期連続で減収となる商社がほとんどだ。しかし、各社とも損益分岐点を下げるために、ワークシェアリングや給与カット、拠点の縮小・統廃合、配送の方法の見直しなどで固定費を始めとした経費の削減を行っており、利益はトントンか若干のマイナスで抑える計画で取り組んでいる。 FA・制御機器市場は、大きなウエイトを占めていた自動車や半導体・FPD(フラット・…