Check !!

2010年わが社の経営戦略 顧客を大切に地道に事業

昨年を振り返って見ると、1年を通して不況の風が吹き荒れていた。

お客様の設備投資が全く止まり、計画していた配電盤、制御盤の新規受注がずれ込み大きな影響を受けた。逆に、配電盤、制御盤のリニューアル受注が多くなった。昨年後半から1年以上も前に提出した見積りに関する問合せが来るようになり、少しずつ上向いてきた。ネジックシステム事業は過去には見られないほどの厳しい状況であった。そのため、昨年10月期は売り上げが減少した。今年は昨年よりも景気が上向くと思う。そうなって欲しい。ただし世の中には「様子を見る」風潮が出ており、余り期待はかけられない。

われわれの配電制御システム業界は決してなくなる商売ではない。少なくとも現状維持が可能な業界であると思う。

今年は、配電盤、制御盤の新規受注が期待できる。また、リニューアルも引き続き受注を増やしたい。当社のお客様は良い会社ばかりなので、お客様を大切に地道な努力を重ねていけば、先行き安定した経営が可能である。品質の高い製品を提供するため、教育には今年も注力していく。

もうひとつの事業の柱である機械や生産ライン、盤内の機器取り付けに便利なネジックシステムは、ピーク時の80~90%の売り上げに戻したい。全国に3500社以上の顧客があり、主に機械装置や生産ラインの機器取り付けに使用されている。

今後は配電盤、制御盤にも売り込んでいく。ネジックシステムを配電制御システムの組立に利用すれば配線作業の効率化、電線使用量の削減、盤の小型化につながる。板金加工の段階で盤の扉に取り付ければ、さらに利便性が高まる。今年はホームページをリニューアルし、ネジックシステム、配電盤・制御盤製作をもっとアピールする。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG