2010年わが社の経営戦略 新製品を新市場に投入

2010年1月6日

昨年は、景気の悪化により辛抱の年となった。設計用CADの顧客である製造業は売り上げ急減で設備投資に余裕がなくなり、当社もその影響を受けた。ECAD/dioはマーケットシェアを伸ばしたものの、現在のところ前年度の実績を下回る売り上げで推移。 今後もニーズはあるものの、実売にはなかなかつながらない市場動向が続き設計ソフト業界が一気に上向くことは予測できない。こうした状況では最も悪いシナリオを想定し、収益を上げられる事業計画を立てる。 当社は利益が出る体制の維持に努める。今後、この厳しい状況下でも着実に前進できるよう組織編制を行う。そのため、開発、営業ともに人員を含めた見直しを図り、組織の体質を強固…