2010年わが社の経営戦略 アプリケーションを深耕

経済環境の低迷で、09年度は厳しい状況になりそうだが、液晶関連市場がようやく動き出したことや、アプリケーション展開が拡大してきている現状下、上期マイナス面のカバーは無理としても、下期の売り上げ目標はほぼ確保できそうな状況となっている。

昨年は、当社の特徴である小回りの効く営業展開が効を奏し、顧客との接点が増加、新しいアプリケーション開拓に繋がった。また、採用実績が拡大してきたことで、当社のブランドも着実に顧客に浸透し、メーカーとのコラボレーション案件も拡大している。

セットメーカーとのコラボでは、問題点を抽出し解決していく手法が大手ユーザーにも認められ、具体的な製品開発に繋がってきた。

当社の省配線におけるキーポイントは1点分散の省配線システム、少点数多分散技術で「1点から32点へ」という発想である。今年は当社の省配線コア技術を応用し、セット製品やアプリケーション展開をさらに強化・深耕する方針だ。

例えば、CC―Link下の支線部分で、当社固有の信頼性の高い省配線システムを安価で提供するなど、CC―Linkとの住み分けを図り、当社の省配線技術を拡大していきたい。

また、iDC(インターネット・データ・センター)向けに供給を開始、大きな事業に成長しつつある。温度のリモートデータ監視など、環境に絡む案件で、非FA分野の事業として注力したい。

当社の強みはエンジニアリング力である。商談があれば即現地に赴き、顧客の課題が解決できるよう、今後も当社のエンジニアリング力を最大限に発揮する。

来年は創業10周年を迎えるが、10周年へ向け土壌は出来あがってきた。その前提となる今年は10周年への集大成に向け基盤づくりに励みたい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG