2010年わが社の経営戦略 アプリケーションを深耕

2010年1月6日

経済環境の低迷で、09年度は厳しい状況になりそうだが、液晶関連市場がようやく動き出したことや、アプリケーション展開が拡大してきている現状下、上期マイナス面のカバーは無理としても、下期の売り上げ目標はほぼ確保できそうな状況となっている。 昨年は、当社の特徴である小回りの効く営業展開が効を奏し、顧客との接点が増加、新しいアプリケーション開拓に繋がった。また、採用実績が拡大してきたことで、当社のブランドも着実に顧客に浸透し、メーカーとのコラボレーション案件も拡大している。 セットメーカーとのコラボでは、問題点を抽出し解決していく手法が大手ユーザーにも認められ、具体的な製品開発に繋がってきた。 当社の…