2010年わが社の経営戦略 新開発のロータリーエンコーダに期待

当社は1969年11月の創業から、お陰様で昨年11月、40周年を迎えることができた。昨年4月からは、日本電産グループから米・AVAGO社MCPD(モーションコントロール事業部門)傘下として事業を展開している。

アバゴは、コンピュータ、計測器の米・ヒューレットパッカード(HP)が源流の先端技術企業で、HPの光半導体の開発製造部門としてスタートしている。

業績は世界同時不況下で大変厳しかったが、昨年5月頃から中国向けの受注が上向き、さらに夏頃より国内の受注も徐々に回復し、09年10月より早期黒字回復することができた。

11月からの10年度は、09年度比50%増の売り上げ20億円突破を目指して取り組んでいる。昨年夏頃から国内ユーザーからのロータリーエンコーダの引き合いが増加しているが、生産を止めているロータリーエンコーダメーカーも出ていることもあって、さらに受注増に繋がっているようだ。また採算性の悪い機種は価格改定なども行い、収益体質の強化も図っている。

今後もアバゴグループの開発・生産力と連携しながら取り組んでいくが、生産面では国内工場を多品種少量生産拠点として展開する一方、中国工場は特定市場向けの戦略製品を作っていくことで、海外生産のメリットを活かし、競争力を高めていきたい。

また、アバゴグループと初めて共同開発したロータリーエンコーダの新製品をこの春に発売予定で、すでに大口に注文も入っている。この新製品は中国市場向けであるが、日本市場にも投入すれば価格競争力の高い製品として、大きなインパクトを出せる。夏頃には第2弾、第3弾の新製品も発売を計画中だ。

今後もネミコンのブランド力を活かしながら、飛躍していく考えだ。

CALEXテクノロジー放射温度計

ロックウェルオートメーション

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

ページ上部へ戻る