2010年わが社の経営戦略 〝流通元年〝としてエリア戦略徹底

2009年度は大変な1年であった。09年の4、5月を底に売り上げが低迷したが、第3四半期(7~9月)から回復基調に入り、10月は08年同月に肩を並べるまでになり、11、12月も大きな落ち込みもなく終わることができた。

昨年は緑の端子台以外の製品拡販も進めて、総合接続機器メーカーとして展開を図るスタートの年であった。結果的には、世間並みに売り上げが落ちている部分もあるが、オートメーションやインタフェイスなどの部分は伸びてきている。これは地域別・業界別に商社を活用した新規顧客開拓とアプリケーションで競合に勝ち残った成果である。

昨年全国23社の流通商社と特約店契約を結び、協業体制を構築した。今年は「流通元年」の年と捉え、特約店と一体となった営業展開を進める。流通はメーカーの生命線であると考えており、販売店の中に当社のファンを作ってもらうと共に、両者が対等の立場で地域、顧客の特性を考えながら質の高い営業を行っていきたい。

そして「バリューネットワークの構築」をキーワードに、価値ある製品をしっかり届けるために、社員教育による営業のスキルアップと、社内の基幹システム改善で営業の活動時間を増やす仕組みを進める。これと並行して商社営業社員の勉強会も開きながら、人間的な付き合いも深めていきたい。

さらに今年は、いままで扱いきれなかった戦略商品を投入する計画も進めている。

今年の景気見通しは、中国に加え、欧米市場もキャッチアップしてくる。日本も新エネルギー関連の内需が立ち上がってくるだろう。

当社として、公共性に絡んだ電気自動車関係や充電ステーション、ETCなどの市場動向に注目し、取り組んでいく。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG