2010年わが社の経営戦略 海外市場の開拓へ取り組む

2010年1月6日

昨年の6月以降、受注が大幅にダウンした。今5月期の決算では利益はでても、売上高は落ち込む見込みにある。決算の中身は良くなっても売り上げの数字も欲しいところである。ただ、防爆は注目されており、他の市場に比べ、比較的に恵まれているとも言え、良いチャンスではある。その中にあって、チェンジとチャレンジを行っていきたい。ただ、国内市場はそれほど期待できなく、今後は中国、東南アジアの市場にウェートをかけていくことになる。 この市場は米国と欧州の戦いで、そのなかでの厳しさはある。中国はエネルギーを石炭に頼っていることもあり、防爆機器への需要も多い。中国市場へいかに取組んでいくかも今後の課題である。そこには、…