2010年わが社の経営戦略 環境をキーワードに事業推進

電力流通・産業システム社は、社会インフラ関連の社内カンパニーの1つとして、電機・計測、電力の流通関連、2次電池、交通システムなどの事業を推進している。当産業システム事業部は、制御システム機器、産業用コンピュータ、計測機器、圧延計測機器をはじめ、産業用コンポーネントからシステムまでを国内外約20社のグループ会社と連携して、グローバルな展開を図っている。

2009年度の上期は産業用の設備投資が景気低迷の影響を受けているが、社会インフラ系の設備需要は比較的落ちが鈍かった。下期もコンポーネント系は下げ止まるが、システム系は厳しいと見ており、通期では前年度比20%ぐらい下がりそうだ。来期も引き続き厳しいと見ている。

東芝では、利益ある持続的成長へ再発進、イノベーションの深化、グローバル事業の加速、CSRの推進の4つを方針として掲げているが、この中でのキーワードの1つが「環境」である。09年11月からカンパニー全体として「みんなで守ろう愛する地球」、当事業部では「守ろう地球!
未来も活きる環境創り」をスローガンに掲げて取り組みを強めている。

10年12月から北米で高効率モータの法制化がスタートし、その後欧州、中国、日本でも法制化の動きが加速する。これに呼応してベトナムに産業用高効率モータの製造・販売拠点を建設。今年9月から生産を始める予定で世界市場に向けて販売していく。また2次電池を応用した製品、インフラ機器などの環境・省エネ関連に力を入れる。

昨年全シリーズのラインアップを更新した産業用コンピュータや、シンガポールにロジスティックセンターを設置してデリバリーが向上したインバータも注力する。今年も全社員の環境意識を向上させながら、更なるグローバル化を進めたい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG