2010年わが社の経営戦略 事業継承で相乗効果発揮

昨年末にパナソニック電工のFA関連製品の製造・販売に関する事業を、会社分割により10月から当社が承継することに関する基本合意書を締結した。社名は「パナソニック電工SUNX」、ブランド名も「Panasonic」に変更、今年は舵きりの忙しい年になりそうだ。経営効率化と、両社の技術融合によるシナジー効果を発揮、1プラス1が3にも4になるような成長の年にしたい。

パナソニック電工のFA事業承継により同社のPLC、表示器などと、今回、同時に子会社化するパナソニック電工竜野のエコパワーメータ、タイマなどの製品群が揃う。これらのコントロール技術に、従来からの当社のセンシング、レーザ技術を融合させ、FA事業の強化とFA以外の成長分野への取り組みを加速させていく。交通・商業施設、暮らしなど新分野にも注力していく。

営業面では、従来通りパナソニック電工制御が当社のセンサ類を販売、レーザマーカは直販する。パナソニック電工から事業承継した製品は、引き続きパナソニック電工制御が販売する予定だが、営業部門の人事交流なども行いソリューション提案力を高める。

海外は、パナソニック電工自動化控制上海も子会社化して、従来からの子会社、蘇州神視電子と合わせて中国での生産を一層強化する。中国は販売も好調であり、今後も中国を軸に海外売り上げ比率を高めていく。

09年度の上期連結売上高は、7月頃から利益面も含めて改善してきており、通期では34%減の112億円と減少幅が縮小されると共に、ペイラインも大幅に引き下げている。10年度は利益面では黒字転換を目指す。また、売上高が当社とほぼ同規模のパナソニック電工のFA事業承継によるシナジー効果で、12年度には売上高を現在の3倍以上まで伸ばす予定である。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG