決算 の検索結果

明治電機工業 20年3月期第3四半期決算、売上高557億円

明治電機工業の2020年3月期第3四半期連結決算は、売上高556億5900万円(前年同期比7.9%減)、営業利益25億7700万円(同19.9%減)、経常利益27億4200万円(同19.4%減)、四半期純利益17億9800万円(同26.6%減)。 同社グループでは、エンジニアリング力の強化、グローバルビジネスの拡大、コンポ販売の領域拡大、商材づくりなどに取り組んできた。しかし、自動車関連企業の国内外での販売伸び悩み、米中貿易摩擦の長期化で電機・自動車向けの工作機械受注が低迷し、前年同期比減収減益となった。 20年3月期は、売上高800億円(前期比3.6%減)、営業利益35億2000万円(同20…


三菱電機 20年3月期第2四半期決算、メカトロ苦戦を受け増収減益

三菱電機は、2020年3月期第2四半期連結決算を発表した。第2四半期累計の売上高は前年同期比1%増の2兆1825億円。営業利益は9%減の1142億円、純利益は11%減の912億円。 中国の景気減速、米国の設備投資の減速、日本の生産や輸出減少、欧州の生産減少という厳しい事業環境のなか、重電システム、情報通信システム、電子デバイス、家庭電器部門は増収となったが、産業メカトロニクスの苦戦を受けて増収減益となった。 産業メカトロニクスの第2四半期累計売上高は6%減の6862億円。営業利益は412億円となり、前年同期から367億円の減少となった。 FAシステム事業は国内外の自動車関連、国内の半導体、工作…


IDEC 20年3月期第2四半期決算、売上高298億円で減収減益に

IDECの2020年3月期第2四半期の連結決算は、売上高298億200万円(前年同期比6.4%減)、営業利益25億1600万円(同23.6%減)、純利益18億4900万円(同22.9%減)で減収減益となった。 米中貿易摩擦の影響により、工作機械やロボット業界における需要が減速傾向となったことと、ドルやユーロにおける円高の影響などから、HMIソリューション製品や盤内機器ソリューションなど主力製品群の売り上げが減少した。 製品別の売上高は、HMIソリューションが142億8900万円(同7.6%減)、中国市場を中心に、制御用リレーや端子台などが減少した盤内機器ソリューションが52億9700万円(同1…


オムロン 20年3月期第2四半期決算、売上高3302億円

オムロンの2020年3月期第2四半期連結決算は、売上高3302億2900万円(前年同期比6.4%減)、営業利益257億3100万円(同19.2%減)、純利益190億8200万円(同27.8%減)と減収減益となった。 セグメント別では、IAB(制御機器事業)が売上高1779億円(同11.7%減)、営業利益276億円(同17.3%減)、EMC(電子部品事業)が売上高459億円(同13.3%減)、営業利益7億円(85.4%減)、SSB(社会システム事業)が売上高313億円(32.4%増)、営業利益4億円(前期損失22億円)、HCB(ヘルスケア事業)が546億円(同1.6%減)、営業利益69億円(同4…


三菱電機 2019年度1Q決算、売上横ばいも減益

三菱電機は7月30日、2019年度第1四半期連結決算を発表し、売上高は前年比横ばいの1兆507億円、営業利益は11%減の549億円、純利益は10%減の427億円の減益となった。重電システム、情報通信システム、家庭用電器で増収だったが、産業メカトロニクスと電子デバイスが減収となった。 産業メカトロニクスは、売上高3323億円(8%減)、営業利益は53%減の211億円。このうちFAシステム事業は、国内の半導体、工作機械、自動車関連などの需要減速、海外の有機EL・スマートフォン関連需要が停滞し、前年同期を下回った。自動車機器事業は車両電動化関連製品が増加したが、その他製品の国内・アジア向けが減少した…


明治電機工業 19年3月期決算、46.8%の増益

明治電機工業の2019年3月期連結決算は、売上高829億7800万円(対前期比22.3%増)、営業利益44億1100万円(同56.7%増)、経常利益46億3600万円(同54.0%増)、当期純利益31億5300万円(同46.8%増)。 同社グループは、「次代に向けた経営基盤の強化」を基本方針とした第9次中期経営計画に基づき、エンジニアリング力の強化やグローバルビジネスの拡大、コンポ販売の領域拡大、商材づくりなどに取り組み、増収増益となった。 今後の見通しについては、米中通商問題の動向や中国経済の先行きなど不透明感が払しょくできず、世界経済の減速が懸念され、自動車関連企業では、競争力強化に向けた…


日東工業 19年3月期決算、増収増益

日東工業の2019年3月期連結決算は、売上高1169億8400万円(対前期比8.2%増)、営業利益64億7200万円(同12.5%増)、経常利益64億500万円(同13.9%増)、当期純利益40億4600万円(同40.4%増)の増収増益。 設備投資需要の高まりから、標準品の売上が増加、情報通信関連流通事業の売上も堅調に推移した。また、当連結会計年度に子会社化した北川工業とその子会社が売上増加に寄与した。 部門別では、配電盤部門は、既存市場の高圧受電設備や分電盤の売上が堅調に推移し、売上高433億3200万円(同4.7%増)。 キャビネット部門は、堅調な設備投資需要を背景にボックスなどの売上が増…


アズビル 19年3月期決算、2期連続で増収増益

アズビルの2019年3月期連結決算は、売上高2620億5400万円で対前期比0.6%増、営業利益266億9000万円で同11.1%増、経常利益276億6400万円で同13.8%増、当期純利益189億5100万円で同5.9%増となった。 セグメント別売り上げは、アドバンスオートメーション(AA)が993億8900万円で同2.2%増、ビルディングオートメーション(BA)が1195億円で同0.6%減、ライフオートメーション(LA)が448億4000万円で同1.4%増、その他が6100万円(前期6500万円)。 AAの売り上げは、3つ(CP、IAP、SS)の事業単位によるマーケティングから開発.生産….


本多通信工業 19年3月期決算、20年3月期は売上2.2%増

本多通信工業の2019年3月期連結決算は、売上高が176億600万円で対前期比9.7%減、営業利益が11億4100万円で同43.1%減、経常利益が11億8400万円で同43.9%減、当期純利益が7億6500万円で同52.9%減となった。 分野別売上高は、通信が24億円、FAが35億7700万円、車載が62億9300万円、民生が19億3500万円、情報システムが30億3600万円。 20年3月期は、売上高が180億円(同2.2%増)、営業利益12億円(同5.1%増)、経常利益が11億5000万円(同2.9%減)、当期純利益8億3000万円(同8.4%増)を予想。


NKKスイッチズ 19年3月期決算、20年3月期は80億円目指す

NKKスイッチズの2019年3月期連結決算は、売上高が76億6400万円で対前期比0.8%減、営業損失が3億3500万円、当期損失が2億9400万円となった。 米中貿易摩擦の激化等により減速傾向から、中国ではハイテク分野を中心に製造業の生産活動が急減した影響を受けた。 20年3月期は、売上高が80億円(同4.4%増)、営業利益2億7000万円、経常利益2億8000万円、純利益1億4000万円を予想。