機械 の検索結果

伊藤忠テクノソリューションズ、機械学習化支援ソフト提供

活用テーマ創出から実運用までサポートサービスも 伊藤忠テクノソリューションズは、米国DataRobot社の機械学習を自動化するエンタープライズAIプラットフォーム「DataRobot」の提供を3月16日から開始した。 DataRobotは、高度な技術力を必要とせずに、短時間で精度の高い機械学習モデルを構築し、ビジネスへの適用を可能にするAI開発プラットフォーム。DataRobot社のデータサイエンティストの知見が盛り込まれた1000以上のアルゴリズムを含むテンプレートを搭載し、機械学習の実用化に必要な一連のプロセスを自動化する。 ユーザーが自社のデータを投入するだけで、適切なアルゴリズムを選択…


日本産業機械工業会、2020年度産業機械の受注見通し

日本産業機械工業会は、2019年度の受注実績と2020年度の産業機械の受注見通しを発表した。 2019年度の日本経済は、海外経済の停滞で輸出や生産が伸び悩み、さらに10月の消費税の増税や大型台風等の影響もあって、回復の勢いが鈍化している。そのような情勢の下、2019年度と2020年度の産業機械の受注見通しを以下の通り策定した。なお、新型肺炎の感染拡大等の不確定要素が存在しており、この見通しにその影響は織り込んでいない。 2019年度  内需は、非製造業が増加するものの、製造業と官公需が減少していることから、対前年度比99.3%の3兆2,706億円と見込んだ。  民需のうち製造業については、前年…


国交省 機械設備工事の標準賃金6.3%増

国土交通省は、公共事業における機械設備工事などの積算に用いる「機械設備工事積算に関わる標準賃金」を6.3%引き上げ2万4650円(前年度比6.3%増)とし、2020年3月以降に入札を行う工事から前倒し適用すると発表した。 工場で機械設備の製作に従事し、図面作成や部材加工、機械加工、組み立て、電気配線などを行う機械設備製作工は2万5300円/日とし、機械設備の据付・調整を行う機械設備据付工は2万4000円/日となる。


三菱重工工作機械 監視システム、全機種に搭載

三菱重工工作機械は、4月以降に販売する全ての工作機械に、モニタリングシステム「DIASCOPE(ディアスコープ)」を標準搭載する。併せて、メンテナンスサポート契約も刷新する。 ディアスコープは、これまで同名称で提供してきたモニタリングシステムを全面刷新し、今回、各種データの収集・解析をクラウドサーバーとのインターネット通信で処理し、工作機械のセンサや測定器などからのデータ収集は、通信の時間がかからないエッジサーバーで分散処理する仕組みを整備。 トラブルなどのアラーム情報をディアスコープ経由で同社のサポートセンターに自動で通知し、迅速な復旧サービスの提供を可能にするリモートモニタリングや、パソコ…


3/6金@明治記念館 機械系女子のためのキャリアミーティング 「メカジョ未来フォーラム2020」

 一般社団法人日本機械学会(会長:森下 信 横浜国立大学)は、ご好評をいただいた昨年の第3回に引き続き、3月6日に第4回「メカジョ未来フォーラム2020」を開催する。  メカジョ未来フォーラムは、理系女子学生の就職・キャリア形成支援を目的として、女子大学生・大学院生・高専学生を対象とした、本会特別員(法人会員)による企業説明・交流会。現役女性技術者も多数参加し、一般の企業説明会では聞くことのできない不安や質問に答えてもらえる絶好の機会となる。  機械系に限らず、産業界への就職をお考えの女子学生であれば、誰でも無料で参加可能。  さらに、フォーラムでは「女性未来賞」の贈呈式を行う予定となっている…


【2020年年頭所感】日本機械工業連合会「『変化と進展』にチャレンジ」大宮英明 会長

日本機械工業連合会 大宮英明 会長   皆様、新年明けましておめでとうございます。年頭に当たり、平素より日本機械工業連合会にお寄せ頂いております皆様方の温かいご支援とご協力に対し、改めて深く御礼申し上げます。本年は、いよいよ東京でオリンピック・パラリンピックが開催されますが、日本にとって大きな節目となる明るい年となることを祈念したいと思います。 また、本年は「子年(ねどし)」にあたり、再び新しい十二支のサイクルがスタートする年でもあります。「子年(ねどし)」はネズミ年に当たるわけですが、十干十二支(じっかんじゅうにし)の組み合わせでは、「庚子(かのえ・ね)」となります。「庚子(かのえ…


【2020年年頭所感】日本精密機械工業会「干支のスタート 市場にも光」髙松喜与志 会長

日本精密機械工業会 髙松喜与志 会長    新年あけましておめでとうございます  謹んで新春のお慶びを申し上げます 昨年は天皇陛下が即位され、元号が令和となる歴史の大きな節目で有りました。今年は景気の牽引役でもあった東京オリンピック・パラリンピックが行われる年であります。 私は会長に就任して2年目となります。初年度は稲葉前会長、長瀬元会長が盛り沢山な新規事業を立ち上げていますので、それを消化するのに精一杯でした。 現在我が国を取り巻く経済情勢は、通商問題を巡る緊張、中国経済の先行き、英国のEU離脱の行方など海外の動向や、10月の消費税引き上げによる消費マインドの変化や、深刻さを増す地…


【2020年年頭所感】日本工作機械工業会「世界の製造業発展へ貢献を」飯村幸生 会長

日本工作機械工業会 飯村幸生 会長   2020年の新春を迎え、謹んで新年のお慶びを申し上げます。 昨年2019年の世界情勢を振り返りますと、米中関係悪化の長期化、Brexit問題、中東・アジアをはじめ世界各地での地政学的リスクの顕在化などにより、政治・経済両面で不安定感が増し、不確実性が強まった1年でした。こうした中にあって、我が国工作機械業界の受注は、内外需ともに、一般機械、自動車、電気機械など主要業種で年初の想定を下回る水準で推移しました。 本年につきましても、国際政治・社会情勢等における外部的リスク要因が内在しており、製造業を巡る環境には不透明・不確実性が付きまとう状況が続い…


【2020年年頭所感】日本食品機械工業会「食生活の安定的向上へ寄与」海内栄一 会長

日本食品機械工業会 海内栄一 会長   皆様明けましておめでとうございます。令和2年(2020年)の新春を迎え、心からお慶び申し上げます。 さて、昨年は大型の台風15号、19号が相次いで上陸し、数十年に一度と言われるほどの豪雨が各所で降り、河川は氾濫、多数の方々が被災され尊い命が失われました。亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに被災された方々にお見舞いと一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。 昨年の国内景気については、大手企業を中心に企業収益は堅調に推移し、労働力不足を背景とした合理化・省力化に向けた設備投資は堅調で個人消費も緩やかな回復を見せ始めましたが、昨年1…


【2020年年頭所感】日本包装機械工業会「これまで以上の国際化戦略」大森利夫 会長

日本包装機械工業会 大森利夫 会長   新年を迎えるにあたり、謹んでごあいさつを申し上げます。 皆さまには、輝かしい新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。 さて、昨年のわが国経済は、政府による経済対策など政策効果もあり穏やかな景気の回復基調が続いておりますが、米中貿易摩擦に代表される通商問題の緊張、中国経済の先行き、英国のEU離脱の行方等、海外経済の動向により今後の世界経済への影響が懸念されています。 政府においては、産業界のニーズも踏まえた労働環境の整備、地域経済の基盤強化に取り組んでいただくと同時に経済の好循環のさらなる拡大に向けた施策の充実を期待しております。 平成30年度の…