接続 の検索結果

日本モレックス FFC/FPCコネクタ、確実な接続実現

日本モレックス(神奈川県大和市)は、高振動の環境でも確実な接続信頼性を実現する0.50ミリメートルピッチFFC/FPCコネクタ「FBH2シリーズ」を発表した。 新製品は、Easy-Onアクチュエーターというロック機構を装備しており、FFC/FPCを固定するアクチュエーターを、挿入方向の反対側に倒すバックフリップ型となっている。 挿入間口方向にカバーを倒すフロントフリップ型と違い、ケーブルが上方向に引っ張られても、十分な強度を確保することができるため、ケーブル引き回しの自由度が向上する。マイナス40~プラス150℃の動作温度範囲と、20Nのケーブル保持力を備えた優れた耐衝撃性で、さまざまな分野へ…


フエニックス・コンタクト 側面接続プッシュイン端子台「PTVシリーズ」

端子上部の高さ気にせず配線 フエニックス・コンタクトは「プッシュイン接続」を採用した端子台をシリーズ化しているが、昨今の省工数化ニーズの高まりもあり、急速に採用が増加している。用途も、自動車、工作機械、半導体製造装置、食品機械、船舶、信号、電力などに加え、最近は建設関係での採用も増えている。 このほど販売を開始した側面接続プッシュイン端子台「PTVシリーズ」は、業界初の端子の側面から導線を挿入できるもので、設置高さ方向のスペースに余裕のない場合でも配線が容易に行え、すっきりとした配線で導線と接続のマーキング認識性も向上する。 また、丸端などのネジ式配線接続式と方向が同じのため、ネジ式端子台から…


フォトロン、最大6ヘッド同時接続可能、自動車衝突安全試験用高速度カメラ発売

フォトロン(東京都千代田区)は、268万画素(1920×1400画素)で750コマ/秒、最高1万コマ/秒の撮影性能を持つ超小型カメラヘッドを最大6ヘッド同時接続可能な高速度カメラ(ハイスピードカメラ)「FASTCAM MH6」を、3月5日に発売した。 製品化の背景 自動車の衝突安全試験において、乗員保護や歩行者保護などの安全基準が強化される中、カーテンエアバッグやセンターエアバッグの研究開発が重要視されている。 衝突安全試験では、カーテンエアバッグの展開時に車室内からダミー人形の挙動を鮮明に撮影する必要があるが、高解像度のカメラは筐体が大きいため設置が困難であり、小型のカメラは解像度が低くて鮮…


フエニックス・コンタクト あらゆる方向へ接続可能、FA機器向け基板対基板コネクタ

フエニックス・コンタクト(横浜市港北区)は、信号およびデータ伝送用のFA機器向け基板対基板コネクタ「FINEPITCHシリーズ」の日本での販売を、1月23日から開始した。 同シリーズは、さまざまな極数、デザイン、無段階のスタッキング高さによりプリント基板をあらゆる方向へ接続することができ、柔軟な機器設計に対応。また、ダブルコンタクトシステムのため、信頼性の高い接続と、はんだ付けアンカーによる耐ストレス設計となっている。 ピッチは0.8と1.27ミリを用意。0.8ミリピッチはシールド付き基板対基板コネクタで、工業用途に適した堅牢なプリント基板接続に適している。シールドは、外部から、そして外部への…


【市場・技術展望2019】「配線接続機器」つなぐ技術で需要拡大

500億円死守へ 端子台やコネクタ、ソケット、ケーブルアクセサリなどの配線接続機器は、用途が産業全般にわたり、社会インフラ整備やエネルギーに絡んだ需要が生まれている。またスマートファクトリーやIoTによる「つなぐ」という点から各方面で配線接続機器への期待も高まっている。 日本電気制御機器工業会(NECA)の統計では、17年度の接続機器は前年度比5.4%増の500億5600万円となった。18年度上期は226億円で、13.6%減で、好調だった昨年の影響を受けている。


ハーティング ジャンパーケーブル、国内初、メタル線による車両間ギガビットイーサネット接続

ハーティング(横浜市港北区)は、同社のジャンパーケーブルが、小田急電鉄の新型特急ロマンスカー・GSE(70000形)の国内初となるメタル線による車両間ギガビットイーサネット接続に採用されたと発表した。 採用されたギガビットイーサネットシステムは、「Ha-VIS EtherRailケーブル」を収めた蛇腹状のジャンパーと、ギガビット伝送用イーサネットモジュールを使用した保護等級IP68の過酷な環境用モジュラー式角型コネクタ「Han HPR」で構成。 車両内のギガビットイーサネット接続向けにも、同社のコネクタ、ケーブル、イーサネットスイッチなどが採用され、Wi-Fi接続などに使用されている。 &nb…


ヘラマンタイトン 「ケーブル保護絶縁キット」Y分岐接続タイプ追加

ヘラマンタイトン(東京都渋谷区)は、ケーブル接続部の保護や絶縁が簡単に行える、レジン注入式のケーブル保護絶縁キット「レリコン」Y分岐接続タイプを、11月1日から販売開始した。 レリコンは、さまざまな電気設備の低圧電力ケーブルや制御ケーブルの接続部の保護絶縁に使用でき、今回、従来の直線接続タイプに新たにY分岐接続タイプをラインアップ。 注入前のレジンは二色に分かれており、薄青色のレジンとオレンジ色の硬化剤を混ぜ合わせることで緑色に変化するため、混合不足による硬化不良を目視でしっかり防止することができる。充填は、レジン袋に充填ノズルを取り付け、注入口から混合済みのレジンを流し込むだけの簡単で確実な…


NECプラットフォームズ LTE・3G簡単接続、小型M2Mアダプタ

NECプラットフォームズ(東京都千代田区)は、LTE網や3G網を介したネットワークアクセスを可能にする、小型のM2Mアダプタ「EA01A」を9月25日から発売した。 IoTシステムの構築やクラウドサービスとの連携など、機器のネットワーク接続のニーズはますます高まっているが、回線工事のコストや設置場所、通信機器の大きさの制限などで実現困難な場合も多い。 新製品は、LTE/3G対応のM2Mアダプタで、回線工事が不要のため低コストでの導入が可能となる。機器異常通報などの小容量のデータ配信から、デジタルサイネージのような大容量のデータ伝送まで、用途に応じた通信回線やサービスを選択することができる。 ま…


ハーティング 産コンに新モデル、IO-Link接続機能追加

ハーティング(横浜市港北区)は、モジュラー型産業用コンピュータMICAシリーズのIO-Link接続用モデル「MICA IO-Link/COM」を9月3日から受注開始する。 MICAシリーズは、手のひらサイズのコンパクトな設計に、堅牢なアルミダイカストハウジングで防塵防水性IP67、鉄道用に対応する耐衝撃、耐振動性を備えたモジュラー構造の小型コンピュータ。3つの基板で構成されており、1枚目は電源I/Oボード、2枚目はCPUボード、3枚目の基板はユーザーが自由にカスタマイズすることができる。このカスタマイズ基板にオープンネットワーク接続機能やUSB接続機能、RFIDリーダー機能などを搭載したモデル…


丸紅情報システムズ、接続検証済み多様なセンサー IoTセンサーキット

丸紅情報システムズは、自社製のIoTゲートウェイ装置「EasyupLink」と、接続検証済みの多種多様なセンサーを組み合わせた「IoTセンサーキット」の販売を開始した。同キットは、BLE対応のセンサーと、計測データをBLE経由で収集し、LTE回線でサーバーへ送信するIoTゲートウェイのセットとなっている。 LTE回線は1年分が付属しているため、すぐに利用が可能。センサーは、出入管理や入退室管理データの自動収集ができるビーコン、工場やオフィスの温度・湿度・照度・加速度などを把握する環境センサー、GPSやヘルスケア、心拍センサーなど5つの用途に対応している。 「IoTセンサーキット」の基本構成は、…