制御 の検索結果

SUS 入出力制御装置 ネット接続も付加、手軽に製造ラインDX化

SUS(静岡市)は、入出力制御装置「SiOコントローラ」シリーズで、Ethernet接続機能とデータ活用支援ソフトウエアによって、簡単で安価に製造ラインのDX化ができる新モデル「SiO t」を9月18日から販売開始した。 SiOコントローラは、専門知識が不要の日本語選択式プログラミングで、スイッチや各種センサ等の入力機器の信号に応じて、出力機器のON/OFFをシンプルに行う制御装置。 新製品は、このSiOコントローラにEthernet接続機能を加え、独自開発のソフトウエア「IoT Programmer」(無償ダウンロード)でSiO tが受信したさまざまな信号を処理し、信号内容によって設定した動…


横河電機 統合生産制御システム UACSを新開発、大規模向けに機能強化

横河電機は、統合生産制御システム「CENTUM VP(センタム・ブイピー)」の機能を強化した「CENTUM VP R6.07.10」を開発し、9月18日に発売した。 今回の機能強化は、大規模なシステムでも安全で確実な操業に貢献する統合アラーム管理サーバ(UACS)を新たに開発。プラント内のさまざまな機器から発生するアラームをルールに基づいて整理・集約し、それぞれのオペレータにとって必要なものだけを重点的に示すことができる。 安全計装システム、PLC、電力システムなどを統合した大規模なシステムでも、UACSを導入することで、オペレータはこれらのシステムのアラームを統合してHIS(ヒューマンマシン…


THK プログラム知識不要 搬送ロボット、手軽に自律移動制御

THKは、独自の自律移動制御システムを搭載し、ルートテープ不要の誘導方式を採用した搬送ロボット「SIGNAS」を開発、9月から受注を開始した。 SIGNASは、内蔵されたステレオカメラでサインポスト(目印)との距離・方位を測定し、経路に沿って走行動作(発進/カーブ/スピンターン/停止)を制御して自律移動する搬送ロボット。特別なプログラミング知識がなくてもサインポストの設置や移動をするだけで、経路設定やルート変更を行うことができる。 積載タイプと牽引タイプの2種類をラインアップし、使用環境やスペース、運搬物に合わせて選ぶことが可能。段差やスロープのある場所、屋外と屋内を行き来するエリアなどでも運…


GII市場リポート 世界の産業制御・FA市場、27年まで順調に成長

スマート工場への転換も追い風 グローバルインフォメーションが取り扱うBizwit Research&Consultingの市場レポート「世界の産業制御とファクトリオートメーション市場規模調査(COVID-19の影響とともに):コンポーネント別、ソリューション別、業界別、および地域別予測(2020年〜27年)」によると、世界のFA市場は2019年に約1398億米ドルと評価され、20〜27年には8.6%を超える健全な成長率で成長すると予想している。 産業制御とFAシステムは、製造の運用コストを削減し、製造プロセスを標準化して品質を向上させる。ロボットは非常に効果的でエラーが少なく、工場の労働力、品…


NECA&JARA 4〜6月市場統計、制御機器出荷 前年同期比7%減、ロボット受注9.9%ダウン

苦戦続くが中国に回復の兆し 世界的な自動化需要で拡大した制御機器、ロボットだが、2020年は年初から世界的な新型コロナウイルスの感染拡大によって苦戦が続く。日本電気制御機器工業会(NECA)と日本ロボット工業会(JARA)は4-6月の市場統計をまとめたが、いずれも前年同期比を下回った。 その一方で、最大の市場である中国だけは制御機器とロボットともに前年を上回り、回復の兆しが見えてきた。しかし米中関係が悪化しており、まだ慎重に見る必要がある。   制御機器出荷は5大品目前年下回る NECAは、2020年度第1四半期(4-6月)の制御機器の出荷統計をまとめた。出荷金額は、前年同期から11…


SLジャパン、.NET ベースの 64 bit 版 SL-GMS、日新電機の水処理向け監視制御システム開発に採用

リアルタイム監視制御システムのダイナミック GUI とエディタ技術が強みのSL ジャパン(東京都港区、米国 SL 社の日本法人)は、Microsoft .NET ベースの 64 bit 版 SL-GMS が、豊かな社会・産業基盤を支える製品・サービスを国内外グローバルに提供している日新電機の新しい水処理向け監視制御システム「AQUAMATE-8000」シリーズの開発で採用されていることを発表した。 AQUAMATE-8000 は、日新電機が多様化する上下水道施設の運営で柔軟に対応し、今後増大化する設備更新予算の平準化や技術者不足解消を支援するため、監視制御機能をさらに拡張するとともに維持管理機…


GII市場リポート 工業用制御装置・ファクトリーオートメーション、25年には2293億ドル市場に

APACが主戦場 グローバルインフォメーションが取り扱うMarketsandMarketsの市場レポート「工業用制御装置およびファクトリーオートメーション市場-ソリューション、構成品目、利用業種、地域別:2025年までの世界市場予測」によると、産業用制御装置・ファクトリーオートメーション市場は、2020年の1518億ドルから2025年には2293億ドルに達し、年平均成長率8.6%で拡大すると予測されている。 産業オートメーションと資源の最適な利用、製造業における実現技術の利用、産業用ロボットとして協働ロボットの採用、人口増に向けた大量生産に伴うコネクテッドエンタープライズの登場、産業オートメー…


昭電 監視カメラ・制御セキュリティ、特設Webサイト開設

昭電(東京都江東区)は、6月から「監視カメラ統合管理システム」の特設Webサイトを開設した。サイトには、犯罪や災害時の状況把握に欠かせない監視カメラシステムをより効果的に運用管理するスペシャルコンテンツを多数掲載している。   主な内容は、Genetec社のVMS「Security Center」の映像コンテンツを統合管理して、必要な時に必要なところで情報管理や共有できるソリューション紹介をはじめ、社会インフラからオフィス・工場や店舗などあらゆるシーンに応じた使い方を掲載している。   また、同社では「産業制御システムのセキュリティ」に関連したスペシャルコンテンツの特設Webサイトも開設してい…


シュナイダー UPSアクセサリカード、遠隔監視・制御可能

シュナイダーエレクトリックは5月25日から、UPS(無停電電源装置)を遠隔監視・制御する「Network Management Card 3」を発売する。 同製品は、サーバールームやデータセンターなどに設置したUPSの安全なリモート監視と制御を可能にするアクセサリカードシステム。UPSの運転状況やバッテリー状態を常時監視し、変化や問題が生じた際にアラートと通知を行う。運用管理ソフトウェアEcoStruxure IT Expertによる統合監視にも対応している。 UPSの電源オン/オフのスケジューリング、リモートからのUPSオン/オフ/スリープなどの制御も可能。ロギング機能によって電源の状態の確…


ロックウェル・オートメーション 伊ASEM社を買収、制御・視覚化分野の製品拡大

ロックウェル・オートメーションは、機械およびプロセスオートメーション市場向けの製品、システム、ソリューションの研究・開発、設計、製造を手がけるASEM社を買収した。 イタリアを拠点とするASEM社は、産業用PCやHMIのハードウエア、ソフトウエア、リモートアクセス機能、セキュアな産業用IoTゲートウェイソリューションなどの提供を行っている。 ロックウェル・オートメーションは今回の買収により、制御・視覚化分野の同社ハードウエア/ソフトウエアをさらに拡充し、ASEM社の製品によって、顧客の市場投入期間の短縮、所有コストの削減、資産活用の改善、企業リスク管理などの改善を支援するとしている。