スマート工場関連 の検索結果

【市況見通し】スマート工場関連システム・製品、2025年7兆円市場へ IoTやAI技術の活用活発化

これからの工場の進む先は知能化されたスマート工場に行き着く。富士経済の調査によると、スマート工場を構築するシステム・製品の世界市場は25年に6兆9543億円となり、18年比3.0倍になると予測。特にAIシステムは使える技術として導入が加速し、3080億円まで伸びると見込んでいる。   スマート工場の定義について、同社は多品種少量、変種変量生産に対応する知能化された柔軟性が高い工場と定義。その構成要素はIoTプラットフォームをはじめ、PLM、SCADAといったシステムに加え、産業用PC、協働ロボット、リニア搬送システム、アーム付きモバイルロボット、3Dプリンターなどのフィールド機器。さ…


富士経済予測 スマート工場関連市場、2025年 7兆円規模に

IoT、AI活用進む 富士経済は、スマート工場を構築するシステム・製品の世界市場について、2025年のスマート工場関連市場は6兆9543億円となり、18年比3.0倍になると予測。さらにものづくり向けAIはユーザー理解が深まって使える技術として導入が増加し、3080億円まで伸びるだろうと見込んでいる。 同社はスマート工場について、多品種少量、変種変量生産に対応する知能化された柔軟性が高い工場と定義。工場のスマート化により、これまでハードウエアを中心に構築されてきたFAシステムが、ITとハードウエアを組み合わせたシステムへと変化し、IoTデータを活用することで安定した歩留まりや生産能力を維持する2…


総務省「IoT国際競争力指標」公表、“スマート工場”強化がカギ

潜在的な力、米国に次ぐ2位 「日本の製造業の強みは現場力だ」「日本はIoT分野で復活する」など、よく語られる話だが、実際のところどうなのだろうか? 総務省は、IoT・ICT分野における日本の現在地を調査し「IoT国際競争力指標」として公開した。   ICT苦戦 IoT健闘 調査は、スマート工場やスマートシティ、コネクテッドカーなど新規の成長市場をIoTとし、従来のIT市場をICTと分けて分析。日本、アメリカ、中国、韓国、ドイツ、フランス、オランド、スウェーデン、フィンランド、台湾の10カ国の1500社の製品・サービスを調べ、製品・サービス競争力を算出し、研究開発やファイナンスなどの指…


日本電気制御機器工業会 「医療福祉とスマート農業に力」 長崎会長

新春賀詞交歓会を東京・浜松町で16日開催した。 あいさつに立った長崎春樹会長は「当工業会の上期出荷額は前年同期比107・3%の3407億円、通期で同106・9%の685億円と過去最高になる見込み。昨年設立50周年を迎えたが、100周年を見据えて、3Sの発展と、次世代事業やインダストリー4・0で取り組みを強める。次世代事業では、医療福祉とスマート農業の2分野を重点に、スマート工場関連事業の拡大も進める。今年12月にはSCFを開催し、次世代のものづくりを提案していきたい」と述べた。