Check !!

【FAトップインタビュー2023】東洋技研 関 高宏 代表取締役社長『納期対応力で優位性発揮』


主要FAメーカー53社トップインタビュー掲載
新年FA特集号 PDFデータ無料プレゼント


2022年10月期の売り上げは、目標を上回る前年度比14.5%増の68億円弱で、前年度に続き過去最高を更新する。

21年後半からの受注の増加に対して、17年、18年に建設した技術棟やプレス棟などが貢献して、受注増に応えられる体制になっていたことで、主力の端子台を中心に納期対応力につながっている。特に、製品在庫を営業所から本社での一括管理にしたことで、納期対応が厳しいなかでも在庫の効率的な運用が可能になり、また、製品のカスタマイズ化も本社で対応することで、マンパワーの有効活用と品質の安定に貢献している。ただ、原材料価格をはじめとしてコストも上がっており、利益は減少した。昨年、製品価格を2回見直したが、銅をはじめあらゆるモノの価格が上昇し、利益を圧迫している。同時に、原材料メーカーの生産中止などの影響もあり、製品ラインアップの見直しも行わざる得ない状況に置かれている。

 製品としては、差し込み式のスプリングロック式端子台「VTXシリーズ」の品ぞろえ強化に取り組んできたが、第1フェーズが完了した。市場の評価にも手応えを感じている。また、ネジ式端子台も当社の納期対応力への評価から引き合いが増え、シェア拡大につながっている。

 23年10月期の売り上げは73億円、経常利益率10%の予算でスタートしている。市場の動向は昨年夏頃をピークに受注が落ち着きはじめており、今年4月以降は不透明な部分が多いが、大きな落ち込みはないと見ている。

 今年から5年ぐらいかけて「VTXシリーズ」の第2フェーズとして、用途別シリーズの開発への取り組みを検討していくほか、各種省配線などに対応した製品の充実にも取り組む。このため、製品の設計・開発のスピードアップに向け、要員を50人ぐらいまで増やしたい。さらに、海外売り上げ比率を高めるために、東南アジアや中国以外でも販売代理店開拓を進める。

https://www.togi.co.jp/


主要FAメーカー53社トップインタビュー掲載
新年FA特集号 PDFデータ無料プレゼント


オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG