Check !!

【数字で見る日本の製造業の現在地2023】製造品出荷額等

コロナ禍でも最低ラインの300兆円はキープ バブル期、リーマンショック前の330兆円超えが目標

メーカーが製造して出荷した金額「製造品出荷額」は、2020年は302兆33億円(経済産業省 令和3年経済センサス‐活動調査)となった。


これまでの推移では、最も古い調査結果で1965年に29兆円規模だったものが、1970年に68兆円、1975年に125兆円、1980年には212兆円と急激に拡大し、高度成長期ならではの急成長を遂げた。そこから1980年代の好景気、バブル景気で300兆円を超え、1991年に最高額となる340兆8346億円を記録した。
バブル崩壊後の1990年代は微減が続いたが、2000年代に回復してリーマンショック前の2007年には最高額に迫る336兆円を記録。しかしリーマンショックで2009年には前年の70兆円減の265兆円まで激減し、そこから10年かけて2018年に331兆円まで回復。その後にコロナ禍が襲い、2020年には302兆円となっている。
2020年はコロナ禍の影響によって前年の322兆円より沈んでいるが、2003年からの過去18年では10番目の記録。リーマンショック並みかそれ以上の逆風と言われる最悪な状況でも300兆円をキープできたのは日本の製造業の基礎体力が強化されたことに他ならない。(2019年以前は経済産業省 工業統計調査より)

https://www.stat.go.jp/data/e-census/index.html

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています

FA自動化・製造業市況の最新記事8件

>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG