Check !!

三菱電機、表面検査用密着イメージセンサー「KD-CXF シリーズ」発売

三菱電機は、表面検査用途に使用する業界最高水準の被写界深度を実現した密着イメージセンサー(CIS)の新製品、KD-CXF シリーズ「KD6R1064CXFNL」を発売した。
CISは表面検査用デバイスとして印刷物・フィルムなどのキズ、汚れ、欠損、色味などを検知し、製造ラインにおける表面検査工程で使用されるもので、従来のCISは被写界深度の浅さから、厚みの異なる対象物や大きく振動する製造ライン搬送時にはピントが合わず、鮮明な画像読み取りができないなどの課題があり、紙やフィルムなどの平面物の表面検査のみの適用にとどまっていた。
それに対し同製品は、読み取り幅(1064mm)と同じ長さの正立等倍レンズ(ロッドレンズアレイ)を採用し、画像端部の歪みがなく正確で明瞭な画像の一括読み取りが可能。レンズに独自の光学部品を採用することで、CIS製品として業界最高水準の被写界深度±1.8mm(解像度 600dpi 時)を実現し、凹凸のある検査対象物や製造ライン搬送時に検査対象物が振動する工程でも鮮明な画像読み取りができるようになった。
さらに、撮像素子・レンズを一体化設計し、細かな設置準備・調整を不要とし、センサーと対象物が近接しても撮像でき検査エリアの省スペース化を可能にしている。

https://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2022/pdf/1130.pdf

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG