Check !!

オプテックス・エフエー、多機能LED照明コントローラ高輝度バー照明発売

オプテックス・エフエーは、センシングLED照明の新技術「FALUXsensing+(ファルクスセンシングプラス)」を搭載した多機能LED照明コントローラ「OPPXシリーズ」を11月から、センシング高輝度バー照明「OPB-Xシリーズ」を2023年1月に発売する。
OPPXは、新技術のFALUXsensing+を搭載し、センシング機能のモニタリング・フィードバック制御に加え、累積点灯時間などの照明ごとに異なる個体情報をコントローラで参照可能。12V、24V入力照明対応の機種をラインアップし、現行機種の照明や他社製照明も接続でき、最大4台まで連結して計16チャンネルの照明を制御できる。照明の入力電圧ごとの専用電源は不要で、OPPXなら1シリーズの同一筐体で対応可能。上位PLCとの接続もイーサネット通信に統一でき、省配線を実現可能。また、3つの調光方式に対応汎用照明で利用される「PWM調光」と、ライン照明に最適な「定電圧調光」、高輝度発光が可能な「ストロボオーバードライブ」にも対応し、様々な検査用途で利用することができる。
バー照明のOPB-Xシリーズは、要望の多かった幅30mmサイズをラインナップし、明るさは現行機種のOPB-Sシリーズの4倍(白色)、高輝度バー照明OPBシリーズの1.8倍(白色)を実現。光量不足でバー照明を2本使っていた場合やバックライト用途でも1本で対応可能。白色以外の青青/赤色・赤外光をラインアップする予定で、第1弾として75/150/225mm長の3サイズ、青/白色を発売する。サイズ違いや赤色・赤外光も順次発売予定で、全機種で「FALUXsensing+」に対応している。
標準価格は、OPPXシリーズが5万9000円(税別)から、OPB-Xシリーズは7万5000円(税別)から。

https://www.optex-fa.jp/release/index184221122.html

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG