横河電機、2023年3月期第2四半期決算 増収増益 受注好調で売上高・利益ともに拡大

横河電機の2023年3月期第2四半期決算は、売上高は11.7%増の2059億1800万円、営業利益は4.2%減の135億7500万円、純利益は92億7200万円。受注は為替影響を除いて22.9%増と大幅伸長し、売上は為替の変動影響等により増収。営業利益は部品価格高騰や工場電力料金など粗利率悪化と、新事業関連費用等で販管費の増加等がかさんで減益となったが、純利益は確保して増収増益となった。
セグメント別では、制御事業は受注高は2466億円(プラス669億円)、売上高は1931億円(プラス215億円)と受注・売上ともに好調だが、営業利益は122億円(マイナス16億円)と減益。測定器事業は、受注は159億円(プラス43億円)、売上高は11億円(プラス10億円)、営業利益は16億円(マイナス1億円)で、受注・売上ともに増加したが減益。新事業は、航空機用計器事業の譲渡にともなって売上高は減収、営業損失は縮小した。
制御事業の地域別では、日本は受注652億円(プラス98億円)、売上高518億円(プラス22億円)と堅調で、中国も受注420億円(プラス111億円)、売上高318億円(プラス47億円)と同様。中東・アフリカは受注387億円(プラス213億円)、売上高252億円(プラス66億円)、インドも受注114億円(プラス45億円)、売上高80億円(プラス21億円)、中南米も受注106億円(プラス55億円)、売上高61億円(プラス7億円)と大きく伸びた。
通期予想では、8月発表時点から上方修正し、売上高4275億円、営業利益410億円、純利益290億円としている。

https://www.yokogawa.co.jp/about/ir/shiryo/kessan/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG