オムロン、飲料検査機大手のキリンテクノシステムに出資 検査を核に飲料製造のDX実現へ

オムロンは、キリングループの飲料検査機器大手のキリンテクノシステム(KTS)に出資し、検査データを活かした飲料品製造業界のDXに向けた市場に参入する。キリンビールが保有しているKTSの発行済み株式のうち60%をオムロンに譲渡することで、持分比率はオムロン60%、キリンビール40%となる。社名もオムロンキリンテクノシステムに変更する計画となっている。
KTSは、キリンビールのエンジニアリング部門から独立した検査機メーカー。1970年代に、いち早くCCDカメラを用いた高性能びん検査機を開発し、国内の飲料検査機市場で高いシェアを持っている。飲食料品を中心に、医薬や容器製造など幅広い業界で事業を展開している。
現在、飲料品製造工程では容器製造、飲料充填、ラベリング、キャッピング、梱包といった各工程の後に検査機を使った検査工程があり、それぞれが別個に良品・不良品とその原因を分析し最適化を図っていた。それに対し各検査機のデータを同社の制御コントローラでまとめて管理しAIを使ってデータを分析し、最適な制御として製造装置にフィードバックすることで、高度な品質トレーサビリティと、不良品を作らないゼロディフェクト、突発停止を未然に防ぐラインイベントゼロを実現したいとしている。

https://www.omron.com/jp/ja/news/2022/10/c1018.html?utm_source=home&utm_medium=topics&utm_campaign=domestic&utm_content=2022101801

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG