SPACE COTAN、北海道広尾郡大樹町で人工衛星用ロケット発射場、滑走路延伸着工

宇宙産業の活性化に取り組むSPACE COTANは、北海道広尾郡大樹町で商業宇宙港「北海道スペースポート(HOSPO)」の人工衛星用ロケット発射場「Launch Complex-1(LC-1)」と、滑走路延伸整備を着工する。

HOSPOは、日本・北海道に航空宇宙産業が集積する「宇宙版シリコンバレー」の創造を目指し、国内外の民間企業等を対象としたロケット発射場やスペースプレーンの発射場・実験場を整備し、航空宇宙産業のインフラとして打上げ支援を行う。
LC-1は現在稼働しているロケット発射場「LaunchComplex-0(LC-0)」の隣の敷地約2万6800平方メートルに建設され、ロケットの組立棟や、燃料等の供給プラント等を備える。2023年度内に完成し、インターステラテクノロジズなど国内外の事業者による人工衛星用ロケットの打上げを予定している。滑走路の延伸も2024年度に完了し、サブオービタルスペースプレーンのほか、空飛ぶ車やドローンなどの次世代エアモビリティの実験等に使われる予定。

LC-1と滑走路延伸の費用は総額23億2000万円。半分の11億6000万円は、2022年3月に採択された内閣府の地方創生拠点整備交付金、残りの半分は企業版ふるさと納税制度による寄附金を充てる。これまで宇宙版シリコンバレー創出による地方創生に賛同した道内外の88社から8億2210万円の寄付を集めた。今後もさらなる整備のためにふるさと納税(企業版・個人版)の募集を進める。2025年度には高頻度の打上げに対応するための発射場「LaunchComplex-2(LC-2)」を整備する。また、多様な打上げ需要に応えるためにLC-2以降も継続的な発射場整備や、P2P輸送(高速2地点間輸送)用の3000メートル滑走路新設により、垂直型・水平型・気球等に対応した複合型宇宙港へと機能を発展させる。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000049.000078016.html

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG