アズビル金門など3社で、漏水検知機能付きOCRアタッチメント開発

アズビル金門(東京都豊島区)は、東芝インフラシステムズ、日本ウォーターソリューション(東京都新宿区)と共同で、既設の直読式水道メーターに取付けが可能な漏水検知機能付きOCR(光学文字認識)アタッチメントを開発した。

OCRアタッチメントは、既設直読式水道メーターに取り付け内蔵されたカメラでメーターの数値表示部を撮影。OCR機能によりデータ化して8ビット電文出力することで、メーターのスマート化が可能。 取り付けは既設直読式水道メーターの検定満期時期にかかわらず、難検針箇所や老朽管敷設箇所などのスマート化をすぐに始めることができる。

また、内蔵の振動センサがメーターに伝播する配管の振動を捉えて漏水の可能性も検知可能。

開発にあたっては、アズビル金門が開発・検証のマネジメント、通信機能支援、東芝インフラシステムズが検針機能、漏水検知機能、無線機との通信機能の開発、及び基板開発、日本ウォーターソリューションが漏水検知機能パラメータ調整支援、漏水データによる管路マネジ メント検討を担当した。

水道メーターの検針業務の効率化をはじめ、漏水の早期発見、老朽化した設備や管網 の管理、配水運用および災害時の迅速な対応、使用量の見える化や見守りといった水道利用者へのサービスの向上など様々な効果が期待されている。

https://ak.azbil.com/

https://www.global.toshiba/jp/company/infrastructure.html

http://watersolution.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG