日本ロボット工業会、10/13・14に創立50周年記念シンポジウム リアルとオンラインで開催

日本ロボット工業会は2022年10月に創立50周年を迎え、それを記念するシンポジウム「ロボティクスがもたらす持続可能な社会」を10月13・14日に東京ビッグサイトで開催する。参加無料

13日は、Space Port Japan代表理事 (元JAXA宇宙飛行士)の山崎 直子氏による「持続可能な社会の有り様とロボティクスへの期待」の基調講演を皮切りに、AIとロボット、スマート生産、スマートコミュニティとして手術ロボットや配送ロボット、ドローン活用に関する7つのセッションを行う。

14日は、東京大学大学院工学系研究科教授/一般社団法人日本ロボット工業会 ロボット産業ビジョン策定委員会委員長 淺間一氏による「ロボット産業ビジョン2050~人・社会・環境と共存するロボット~」の特別講演と、「人とロボットの共生」をテーマに、道徳的なロボット、安心と安全、モラルと法、さらにはロボットデザインに関連した6つのセッションと、パネルディスカッションが予定されている。

https://jara.jp/about/50th/symposium.html

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG