NECプラットフォームズ、堅牢・耐環境性を備えた業務用タブレット端末発売

NECプラットフォームズは、製造・流通・公共・金融など様々な現場で活用できるよう拡張性に優れ、堅牢性と耐環境性を備えた業務用タブレット端末「TWINPOS Sx(ツインポス エスエックス)」を2023年3月23日に発売する。

IP54相当の防塵・防滴性能、耐落下強度1m、抗菌・抗ウイルス仕様など業務用端末として求められる堅牢性・耐環境性を備えた、様々な業種の現場におけるDX化を支援する業務用タブレット端末。工場・倉庫での工程管理や作業指示、小売店舗における発注・棚卸しや勤怠管理などのバックオフィス業務、店頭での接客支援や前捌き、金融・公共・ホテルの受付や業務指示など、幅広いシーンでの活用が可能。また、専用のクレードルやドッキングステーションを介して各種周辺機器やIoTデバイスと連携できる。

外観は、人目に触れる場所への設置や接客用途を意識したスタイリッシュなデザインを取り入れた。USB Power Deliveryの採用で、モバイルバッテリからの電源供給もでき、電源環境の整っていないイベント会場や屋外での運用をはじめ、災害時などのBCP対策にも有
効となっている。

https://www.necplatforms.co.jp/press/202209/20220902_01.html

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG