RRI国際シンポジウム2022、10月に開催 日本の製造業の未来像をテーマに議論

RRI(ロボット革命・産業IoTイニシアティブ協議会)は、経済産業省との共催で毎年行っている「ロボット革命・産業IoT国際シンポジウム」について、2022年度は10月11・12・13・27日に「全ての産業の基盤としての製造業」をテーマとして、リアル・オンラインの両輪で開催する。参加は無料。
1日目(11日)は「デジタル時代のものづくりの変遷」とし、実践例をベースにものづくり・エンジニアリングの変化を共有する。フォルクスワーゲンの取り組みや、欧州発の自動車データスペース「Catena-X」の進捗などを通じ、ものづくりや製造におけるサービス化について考える。2日目(12日)は「社会インフラとしての製造業のサービス化」とし、持続的な発展を支え、変化への対応力を備えた社会インフラとしてのデジタル時代の製造業の原則を考える。3日目(13日)は「日独専門家フォーラム」とし、ドイツのPlatform Industrie 4.0とRRIの連携協力の進捗報告を行う。
最終日(27日)は本会議として「製造ビジネス変革 日本の道」と題し、日本のものづくりの経営リーダーを招き、これまでの議論振り返りやRRIの活動紹介なども行いながら、デジタル時代のものづくりの変化について議論する。

https://www.jmfrri.gr.jp/event_seminar/3344.html

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG