アズビル 藤沢に2つの新実験棟完成 次に飛躍に向けた研究開発拠点

アズビルは、藤沢テクノセンター内(神奈川県藤沢市)の2つ(第103建物、第104建物)の新実験棟が完成、9月から使用を開始した

新実験棟は先進的なシステムソリューションやデバイスの開発加速に向けた技術開発環境の整備・強化が目的。また、グローバル開発拠点として「世界最先端のオートメーション技術を体験できるセンター」を目指し、顧客との新価値の創造空間としての役割も担う。

第103建物は、建築面積2320㎡の6階建で、延べ床面積は1万721㎡。

昨今のワークスタイルに合わせたカフェ型のワークスペースを整備するなど個人からグループレベルまで創造力を高めることができる開発環境、執務環境を提供し、社員の活性化や新しい働き方の仕組み・創造を目指す。投資金額は約41億円。

第104建物は、建築面積1336㎡の3階建で、延べ床面積は4217㎡。

MEMSセンサの開発と計測標準施設として、独自の要素技術、プロセス技術、開発・生産ノウハウを蓄積し、高性能なセンサの安定供給と新製品開発、センサを起点とした新規領域へのビジネス拡大を目指す。

また、新校正室は、現在の建設技術と同社が持つ空調と計測のノウハウを結集。「正しく測る」ための校正能力強化によって事業活動へ貢献していく。投資金額は約31億円。

同社では現在、オートメーション技術を基盤に、3つの成長事業領域(新オートメーション事業、環境・エネルギー事業、ライフサイクル型事業)での新製品・サービスの開発力強化に取り組んでいる。

https://www.azbil.com/jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG