東ソー、山口県周南市の南陽事業所の分離精製剤の設備強化とバイオマス発電所新設

総合化学メーカーの東ソーは、山口県周南市の南陽事業所で、分離精製剤の製造設備の生産能力増強に約160億円を投資する。また新たにバイオマスを主燃料とした発電所を新設する。
バイオ医薬品は、抗体医薬品を中心に遺伝子治療薬、新型コロナウイルスワクチン等で需要が拡大し、核酸医薬品市場も急速に成長している。分離精製剤はバイオ医薬品製造等の精製工程で使用され、需要も増加している。

そこで同社は、南陽事業所の分離精製剤製造装置の増強に160億円を投資し、生産能力を現在から70%引き上げる。着工は2022年7月で、完工は2024年7月。商業運転の開始は2025年3月を予定している。
また、老朽化した自家用石炭火力発電所の一つを廃止し、新たにバイオマスを主燃料とした発電所を新設する。新設する発電所は、木質系燃料に加え、建築廃材やRPF等の廃棄物系燃料も利用し、温室効果ガス排出量削減を図り、廃棄物の有効利用にも取り組む。将来的にはバイオマス専焼を目指し、CO2排出量を年間約50万t削減する。2022年7月に着工し、2026年4月の発電開始を予定している。

https://www.tosoh.co.jp/news/release/2022/20220801.html
https://www.tosoh.co.jp/news/release/2022/20220727.html

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG