2022度自動認識システム大賞決定

日本自動認識システム協会(JAISA)は、「第24回自動認識システム大賞」受賞作品を発表した。

『大賞』は、湯山製作所の「一包化錠剤仕分け装置と再利用時のヒューマンミス防止システム」。

『優秀賞』は、トッパン・フォームズ・東北電力の「油・水・薬品の漏れを検知できるRFIDタグを用いた配管リーク等の監視システム」と、ジョンソン・エンド・ジョンソン・Max Kelsenの「医療機器貸出器械セットの協働型目視検査システムによる労働集約型検査プロセスの効率化」。

『産経新聞社賞』は、サトー・NECネクサソリューションの「RFIDによる地すべり防止用インフラ製品の個品管理シスム」。

『入選』は、管清工業の「ICタグで下水道管路の異常を検知・通報」、ジョンソン・エンド・ジョンソン・サトーヘルスケアの「医療機器の法定表示ラベルのRFID化と流通・運用の効率化」、ヨメテル・東京都市大学の「同軸ケーブルを加工した革新的ケーブルアンテナの開発・実施」、デンソーウェーブ・MEDIOTOLOGYの「UHF帯RFIDを活用した、薬の飲み忘れ防止サービス」、東芝テックの「廃電池仕分け作業におけるAI画像認識技術の適用事例」、NECプラットフォームズの「外観検査用スキャナ式ラインカメラ」。

自動認識システム大賞は、国内で実用されている、または実用の目途が立っている事例の中から、先進的かつ導入効果が極めて顕著と認められる自動認識技術やシステムを表彰するもの。今年度応募の主な技術は、RFIDを使ったシステムが約60%、続いて画像認識、バイオメトリクスなど。

https://www.autoid-expo.com/tokyo/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG