オムロン、2023年3月期第1四半期決算 上海ロックダウンが響いて減収減益 EMS活用等で供給能力を強化中

オムロンの2023年3月期第1四半期決算は、売上高は前年同期比2.0%減の1844億円、営業利益は53.8%減の119億円、純利益は60.5%減の80億円の減収減益となった。
制御機器事業(IAB)は、売上高は6.1%減の1010億円。営業利益は118億円で前年同期から110億円のマイナスとなった。中国・上海ロックダウンの影響が大きく、4・5月と生産制約を受けたことで低調に推移した。

制御機器の需要拡大と長引く納期遅延問題に対しては、2020年度から毎年10%以上の供給能力の強化を進めることで対応。供給安定性を高めるためEMSと戦略的パートナーシップを拡大し、複数社とパートナーシップ契約を結んで生産委託を開始している。さらい、消費地生産を加速させており、市場・顧客に近い場所の生産比率を高めている。1Qでは4拠点で並行生産を開始している。また直近の動きでは、上海ロックダウン下では4月は上海工場は都市封鎖で工場全体が操業停止となり、5月に部分的な生産再開で40%程度の稼働に回復し、6月中旬からは稼働正常化。加えて、4月からEMS活用をスタート・拡大し、上海の一部機種の並行生産を日本で実施。

さらに7月以降の増産も着実に進んでいるとしている。
通期見通しは変更なし。売上高は11.4%増の8500億円、営業利益は4.1%増の930億円、純利益は2.6%増の630億円を見込む。このうちIABは、売上高は15.5%増の4830億円、営業利益は18.0%増の900億円としている。

https://www.omron.com/jp/ja/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG