クボタ、大阪府枚方市の枚方製造所のミニショベル生産能力を増強 投資額170億円

クボタは、ミニバックホー(ミニショベル)の主力工場である枚方製造所(大阪府枚方市中宮大池1―1―1)の生産能力を増強する

ミニバックホーは市街地の工事現場等で掘削等に使用される小型建設機械で、同社が国内・世界ともトップシェアにあり、枚方製造所を中心にドイツ、中国(無錫)でも生産している。米国での住宅建設の増加に加え、各国でのインフラ投資や都市開発に伴う工事の増加を背景に需要は旺盛となっている。
これに対応するため、ミニバックホーの主力工場である枚方製造所で新たに建屋を建築し、塗装工程と組立工程の一部を移管し、空いたスペースを活用して既存の組立ラインの拡張や加工・溶接設備の増設などを行い、生産能力を年間4.8万台から7.8万台に引き上げる。

新たな塗装工程では防錆に優れた電着塗装に加え、環境面にも配慮し、塗料のロスが生じにくく、VOC(揮発性有機化合物)も大幅に削減できる粉体塗装を採用。また、塗装工程で発生した廃熱の再利用や屋上に設置する太陽光発電設備を活用し、製造工程における環境負荷の低減にも取り組む。
新棟は、延床面積1万2150平方メートル。組立ラインは2024年10月から、塗装ラインは2025年10月の稼働開始を予定している。総投資額は170億円。

https://www.kubota.co.jp/news/2022/management-20220711.html

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG