【制御盤製造のDXの壁とその解決策⑥】設計の属人化の壁

デジタルツールを使って熟練者の暗黙知を形式知化する

制御盤の設計・製造工程をデジタル技術を使って効率化し、制御盤関連各社の体質強化を実現する「制御盤DX」。しかしそこに至るまではいくつもの壁・ハードルが存在する。日本電機工業会(JEMA)制御盤2030ワーキンググループは、制御盤の制作工程の将来の形として「制御盤2030」を提示し、さらに制御盤DXを阻む壁とそれに対する推進策を「制御盤製造業界向けDXガイドライン」としてまとめている。本記事では、同ガイドラインをもとに、制御盤DX実現に立ちはだかる壁とその解決策を紹介する。

第7回目は、設計・開発段階における「設計の属人化」の壁。
あらゆる産業で熟練者の技術や経験、いわゆる「暗黙知」を次の世代に教えて引き継いでいくことという課題に直面している。熟練者は長年の経験で技術が身についているが、それを文書にしてマニュアル化していたり、それをルール化して、誰でもできて、品質が安定するようにできている企業は多くない。

制御盤業界も同様で、熟練者はこれまでの経験をもとに暗黙知として自分のなかで回路図等の独自ルールを作って持っている。それを図面に落とし込むことで質の高い制御盤を作ることができていた。
また新規案件であっても、イチから作るよりも、これまでに作った制御盤から部分的な変更をする事が多く、既存図面の一部変更するだけで、高品質の制御盤の製作が可能だった。

しかし、これらはいずれも熟練者が自分のなかだけで完結することによって可能であり、若手の場合はそもそも暗黙知のレベルが熟練者ほど高くなく、過去の制作経験や図面の引き出しも多くないため、高品質の制御盤づくりは難しい。熟練者も自らの暗黙知をテキスト化し、且つ若手に教え込むには時間も余裕もない事が多く、そこが制御盤の設計・製造のDXの障害となっているケースは多い。
この解決策としては、熟練者と若手技術者が共同でエンジニアリングツールを使い、属人化している熟練技術のノウハウをデジタル化していくことが重要。それをエンジニアリングツールで再現することで属人化した暗黙知は形式知となり、誰でも分かりやすく使えるようになる。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG