オプテックス 侵入検知アラーム監視ソフト開発 セキュリティ対策が向上

オプテックス(大津市雄琴)は、同社の侵入検知センサーを遠隔で監視・調整できるアラーム監視ソフトウェア「AMS-01V-JP)を7月5日から発売した。

このソフトは、IPネットワーク対応の侵入検知センサーと直接連携し、監視状態のリアルタイム表示で侵入検知センサーの信号をネットワークで集約。センサーの設置箇所や発報箇所を地図上に表示し、 警戒状態や警報箇所を直感的に特定することができる。

また、遠隔での警報監視・機器管理による省力化 警戒・解除の切り替えや、センサーの感度変更をソフトウェア上で実施でき、また警戒・非警戒を自動で切り替えるスケジュール管理機能は、曜日や時間帯によって異なる車両の入出庫ゲートや敷地境界線の監視に最適。  

オプションで、メール送信機能を追加すれば、警報が発生した際のグラフィックマップ画面を任意のアドレスへ送信できる。

守衛室等から現地に足を運ばなくてもセンサーの設定変更ができるため、現場負担を低減でき、しかもネットワーク接続によりセンサー類の配線を大幅に簡素化が可能で、導入・運用・保守・増設それぞれにおけるトータルコストを削減につながる。

https://www.optex.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG