プロトラブズ、日本市場から撤退 金型の引取りや破棄、サービスに関する混乱も

試作・小ロットの樹脂材料の射出成形・CNC切削加工のオンデマンド受託製造サービスを展開していたプロトラブズが、日本国内での事業から撤退し、日本法人も閉鎖することが分かった。

同社は、1999年にアメリカで創業し、樹脂部品の3Dデータをアップロードすると短納期で納品されるデジタル受託製造サービスを世界中で展開し、2021年度のグローバルの売上高は4億8810万ドル(600億円超)。日本では2009年から事業を開始し、これまで3400社以上との取引実績があり、2016年には神奈川県座間市に9000平方メートル超の工場を新設して事業を拡大していた。
撤退にともない、いくつかの混乱も発生している。射出成形サービスは2022年6月8日正午をもって受注を終了済みで、切削加工サービスは7月15日まで受注を受け付けているが、同社に発注実績のある企業から金型の引き取りや破棄に対する問い合わせが相次いでいる。閉鎖に関する主な質問は同社のFAQに掲載されているほか、直接の問い合わせは info@protolabs.co.jp としている。

また、同社を製造元として「meviy ラピッドプロトタイピング」で切削加工品サービスを展開しているミスミmeviyについても、サービスの今後に対しての問い合わせが寄せられている。ミスミでは、9月1日以降はプロトラブズ米国本社からの調達になり、納期や価格を含めて詳細オペレーションを確認の上、WEBで回答するとしている。

プロトラブズ、日本法人閉鎖にともなうFAQ
https://www.protolabs.co.jp/lp/FAQ_closure

ミスミ、プロトラブズ合同会社 日本撤退に関してお客様から頂くご質問とその回答
https://jp.meviy.misumi-ec.com/info/ja/archives/33003/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG