ユニバーサルロボット「協働ロボット」20キロ可搬を追加 新型ジョイント高速・高精度化に

ユニバーサルロボットは、ドイツ・ミュンヘンで21日から行われたAutomatica2022で、20キログラム可搬の協働ロボットの新製品「UR20」を発表した。これまで同社では、3キログラム、5キログラム、10キログラム、16キログラム可搬をラインアップしていたが、今回20キログラム可搬が加わった。

同製品は、設計を見直して可搬重量20キログラムを実現したほか、アクティブ振動減衰ソフトウエアと完全に再設計されたジョイントを採用し、高速・高剛性を実現。新型の堅牢ジョイントによって速度を最大65%向上させ、アーム機構部への負担も軽減。ジョイント許容トルクも25%向上させた。モーションコントロールも進化させ、負荷の位置、速度、加速度をより正確に制御することで高精度を実現している。

設置面積はφ245ミリメートルで、動作半径は1750ミリメートル。可搬重量は20キログラムあり、最大2メートルの高さまで積み上げることができ、梱包やパレタイジングに最適。また設置・取り付け位置の自由度が高く、加工機へのワークの投入・取り出しのマシンテンディング、エンジンやトランスミッションなどの重量物を持ち上げ・固定して人と協働してのマテハン・組み立て作業、長いリーチを生かした溶接作業などの用途に最適となっている。

https://www.universal-robots.com/ja/%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%83%E3%83%97/ur20-robot/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG