産業用ネットワーク市場シェア動向 HMS調べ DXで市場拡大続く イーサネット拡大加速フィールドバスも成長

製造業DXやスマートファクトリー、つながる工場を進める上で、生産設備やセンサ、ロボットといったフィールド機器同士を結ぶ産業用ネットワーク選びは重要だ。産業用通信・ネットワーク機器大手のHMSインダストリアルネットワークスは毎年、FA分野で新規設置されたノードが、どの産業用ネットワークでつながれているかを調査し「産業用ネットワーク市場シェア動向」としてまとめている。このほど「産業用ネットワーク市場動向2022年最新版」を公開し、産業用Ethernet、フィールドバス、ワイヤレスのいずれも大きく成長し、22年は産業用ネットワーク市場全体で8%成長となり、さらなる市場拡大の見通しを示した。

21年にFA分野で設置された新規ノードにおける産業用ネットワークの市場シェアは、産業用Ethernetが65%から66%と1ポイント増加させ、フィールドバスは28%から27%と1ポイント減少した。ワイヤレスは7%と横ばいだった。

シェアとしては産業用Ethernetが拡大し、フィールドバスは減少しているが、これは産業用Ethernetの成長率がフィールドバスのそれを大きく上回っているためで、ノード数全体としては拡大傾向にある。22年も産業用ネットワーク市場が拡大するのは間違いない見通しで、同社は8%の成長を予測している。

ネットワーク別では、EtherNet/IPとPROFINETがともに17%で拮抗し、EtherCATが11%で続く。PROFIBUSが7%、Modbus-TCPが6%で続いている。

EtherCAT急伸

産業用Ethernetは10%の高成長率によって年々市場シェアを高め、21年は66%に達した。EtherNet/IPとPROFINETがともに17%で並び、EtherCATが11%で追っている状況は変わらず。しかしEtherCATは8%から11%と3ポイントも上昇させており、初の2桁シェアに乗せて肉薄してきているのは確かだ。

フィールドバス22年は4%成長

フィールドバスは、シェア28%から27%と1ポイント減らし、ここ数年は新規設置されるノード数も減少傾向にあったが、それもいったん落ち着き、22年には4%増加となる見通し。同社はその理由として、コロナ禍やサプライチェーン問題に直面する難しい局面のなかで、新しい技術よりも、実績があり、成熟して確かなソリューションを望む傾向があると指摘している。
 フィールドバス内シェアでは、PROFIBUSが7%と最も多く設置され、Modbus RTUが5%、CC-Linkが4%で続いている。

Modbusに注目

今回の注目技術はModbus。最新の工場内でフィールドバスのModbus-RTUと産業用EthernetのModbus-TCPを使い分け、連携させる利用方法で拡大し、合計で11%のシェアを獲得している。Modbus-TCPは、既設の設備で普及しているModbus-RTUとの接続性を生かし、ゲートウェイを外付けして既設設備をIoT化、デジタル化する形で使われることが多く、シェア6%と健闘している。

またTSNやSPE(シングルペアイーサネット)、OPC UA FLCなど産業用ネットワークの新しいトレンド・話題もあるが、これらは現行の設備や規格等との兼ね合いもあり、まだこれからという段階と位置付けている。

ワイヤレス伸び5G利用に期待

ワイヤレスは8%の成長率で伸びており、シェアは7%。配線の置き換え用途や、ワイヤレスでのAGV制御、モバイル型の産業機器への接続などで増加。さらに次世代FA設備での5G活用という好材料もあり、今後の成長に期待が大きい。

アジアは規格林立

地域別では、ヨーロッパや中東ではEtherNet/IPとPROFINETがリードし、PROFIBUSとEtherCATが続く。またModbus(RTU/TCP)とEthernet POWERLINKも広く利用されている。アメリカではEtherNet/IPが優勢だが、EtherCATが力強く成長して市場シェアを獲得している。

アジア市場は国によって細分化されているが、全体ではPROFINETがリードし、EtherNet/IPが続く。さらにCC-Link/CC-Link IE Field、EtherCAT、PROFIBUS、Modbus(RTU/TCP)が追っている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG