横河電機 デンマーク企業買収 バイオマス発電を効率化

横河電機は、廃棄物・バイオマス発電の効率改善ソリューションを提供するデンマーク・Dublix Technology ApS(デュブリックス・テクノロジー)を買収した。

デュブリックス社は、ヨーロッパを中心に、北米、アジアなどで事業を展開。廃棄物・バイオマス発電プラント向けに設計、運用、保守、カスタマイズソリューションを提供している。燃焼制御ソフトウエア「FuzEvent」は、24時間365日、廃棄物・バイオマス発電プラントの最適制御を行い、発電効率の改善や排ガスを削減する。ボイラークリーナー「DD-Jet」は、プラント稼働中にボイラー内部の汚れを落とし、燃焼効率改善、発電量増加、腐食低減、ライフサイクル長期化、シャットダウン頻度の低減に有効。

横河電機の制御・監視、設備保全のシステムに、デュブリックス社の燃焼効率改善技術とボイラー健全化の技術が加わることで、廃棄物・バイオマス発電プラントの効率改善と利益率向上のためのソリューションを提供できるようになる。

https://www.yokogawa.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG