日東工業、2024年春、愛知県瀬戸市にスマートファクトリー建設

日東工業は、2024年春に愛知県瀬戸市に新工場を建設する。電気機器収納用キャビネットなどの新工場で、環境負荷低減に配慮し、DXを採り入れたスマートファクトリーとなる。

敷地面積は、25万3898平方メートル、延床面積は工場棟が4万7760平方メートル、その他の棟 が2150平方メートル。キャビネット、ブレーカ、システムラック、光接続箱、熱関連機器などを生産、従業員数は約300人。

工場の屋根に太陽光発電システムを設置、発電した電力を空調・照明・各種生産設備に使用、蓄電池設備も導入し、事務エリアの防災電源を確保する。不足電力はカーボンフリー電力を購入、再生可能エネルギーで全ての電力をまかなう環境配慮型工場となる。
また、来客、社員駐車場にEV充電設備100 台を順次設置するほか、省エネ空調、高効率機器の導入などで大幅な省エネ化を図る。

さらに、DXの推進として、同社独自のスマートオーダーキャビネットの生産システムを導入する。標準キャビネットをベースに、顧客が求める製品データ(サイズ、穴加工、色)を入力すれば、データが生産設備に反映され、自動で多品種少量生産に対応できる生産システムとなっている。顧客が要求する仕様、品質の製品を最適な価格、納期で提供できる。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG