2022年2月産業機械受注額3350億円 国内は民需が好調【FA・自動化業界市況データ 1−2月】

日本産業機械工業会によると、2022年2月の産業機械の受注額は3350億8700万円で、前年同月比66.1%減だった。大幅減少の理由は、昨年の21年2月には中東で7200億円近いLNGプラントの超大型受注があったため。コロナ禍前の2019年2月との比較では0.6%増となっている。

22年2月の内需は2312億6700万円(17.6%増)で、外需が1038億2000万円(86.9%減)。内需では、製造業向けが832億600万円(20.8%増)、非製造業向け867億8200万円(61.2%増)、官公需向けは339億7500万円(24.9%減)、代理店は273億400万円(4.9%減)となり、民需が好調。外需は、機器単体は862億4600万円(34.9%増)と好調だったが、プラントが受注2件の727億円(99%減)となった。

機種別では、ボイラ・原動機は805億5300万円(59.4%増)、プラスチック加工機械が344億3500万円(94.8%増)、ポンプが305億6300万円(10.4%増)、タンクが101億6300万円(1600%)、金属加工機械が65億800万円(8.2%増)、鉱山機械が15億5600万円(23.4%増)で前年を上回った。一方、外需が大きく減少した化学機械(冷凍機械含む)は751億3900万円(90.5%減)にとどまった。

https://www.jsim.or.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG